フィギュアスケート

GPシリーズカナダ大会で宇野昌磨連覇、山下真瑚2位、トゥクタミシェワ復活

2018年10月29日

スポンサードリンク

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズの第2戦スケートカナダ・インターナショナルの男子シングルでは、日本の宇野昌磨選手(20)が合計277.25点で優勝した。スケートカナダでは2連覇となった。

2位はショート・プログラムで首位発進だったカナダのキーガン・メッシング選手(26)の265.17点、3位は韓国のチャ・ジュナン(チャ・ジュンファン、車俊煥)選手(17)の254.77点だった。友野一希選手は220.83点で9位だった。

女子シングルでは、ロシアの2015年世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ選手(21)がショートでトリプルアクセルを成功させ、合計203.32点で優勝した。

日本の初出場の山下真瑚選手(15)が合計203.06点で2位だった。平昌五輪銀メダリストのロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手(18)は197.91点で3位、日本の樋口新葉選手(17)は181.29点で6位だった。

宇野昌磨選手はジャンプでミスも2連覇達成

平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨選手は、ショートで2位と出遅れたが、フリー・スケーティングで1位となり、総合で2連覇を達成した。

「天国の階段」を楽曲使用したショートでは、ジャンプのミスで2位発進と出遅れた。冒頭の4回転フリップは綺麗に決めて出来栄え点で3.93点の加点を得たが、4回転トウループ-トリプルトウループで着氷後動きが止まり減点となり、トリプルアクセルでは転倒した。

ショートの得点は88.87点(技術点46.63点、演技構成点43.24点、減点1.00点)で、ショートは2位発進となった。

ベートーベンの「月光」を楽曲使用したフリーでは、冒頭の4回転サルコウで回転不足を取られて出来栄え点が小幅減点となった。次の4回転フリップが3.77点の出来栄え加点を得て、中盤のジャンプも順調だったが、終盤のトリプルアクセルからの3連続およびトリプルサルコウの連続ジャンプで、転倒のミスが出て減点された。

フリーの得点は188.38点(技術点101.74点、演技構成点88.64点、減点2.00点)でフリー1位だった。総合では277.25点で優勝した。

女子は初出場の山下真瑚選手が2位

宇野昌磨選手と同門で2018年世界ジュニア銅メダリストの高校1年生の山下真瑚選手は、グランプリシリーズのデビュー戦でいきなり表彰台に上った。

「歌劇『セビリアの理髪師』より」を楽曲使用したショートでは、冒頭のトリプルルッツ-トリプルトウループを綺麗に決めて出来栄え点で1.77点の加点を得たが、トリプルフリップで踏切違反を取られて小幅減点となった。ショートは66.30点(技術点35.41点、演技構成点30.89点)で、3位発進となった。

「蝶々夫人」を楽曲使用したフリーでは、トリプルフリップで踏切エッジが不明瞭との判定となり、トリプルループでは回転不足を取られた。それでも他のジャンプは、トリプルルッツ-トリプルトウループの連続ジャンプで出来栄え1.85点の加点を得るなど順調だった。

フリーは136.76点(技術点71.67点、演技構成点65.09点)でフリー2位で、総合では203.06点で1位と僅差で2位となった。

ロシアのトゥクタミシェワ選手が復活

2015年の世界女王のロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ選手が、トリプルアクセルを武器に、持ち前のパワフルで妖艶な演技で復活した。

「映画『Mr. & Mrs. スミス』よりアサシンゴ・タンゴ」を楽曲使用したショートでは、冒頭のトリプルアクセルを成功させ、出来栄え点で1.03点の加点を得た。その後のジャンプもトリプルルッツで出来栄え1.85点の加点を得るなど好調で、ショートの得点は74.22点(技術点42.39点、演技構成点31.83点)で、断トツの1位発進となった。

「You Don’t Leave Me」他を楽曲使用したフリーでは、冒頭のトリプルアクセルで転倒して出来栄え4.00点の大幅減点となったのが響いたが、他のジャンプに減点はなかった。フリーの得点は129.10点(技術点65.26点、演技構成点64.84点、減点1.00点)でフリー3位で、総合では203.32点で優勝した。

放送予定

地上波では以下の放送予定となっている(日本時間)。

11月3日(土)テレ朝18:56~ GPフィンランド大会 男女ショート(羽生結弦ら出場)
11月4日(日)テレ朝21:00~ GPフィンランド大会 男女フリー(羽生結弦ら出場)
11月9日(金)NHK総合/BS1 GP日本大会 男女ショート(宇野昌磨・宮原知子ら出場)
11月10日(土)NHK総合/BS1 GP日本大会 男女フリー(宇野昌磨・宮原知子ら出場)
11月17~18日 テレ朝(詳細未定) GPロシア大会(羽生結弦ら出場)
11月24~25日 テレ朝(詳細未定) GPフランス大会
12月8~9日 テレ朝(詳細未定) GPファイナル

スポンサードリンク

-フィギュアスケート
-