NEWS

NEWSの代表曲は応援ソング、際立つテゴマスの歌唱力

筆者がNEWSを応援するようになったのは、9人でスタートしたのに4人までメンバーが減って崖っぷちから必死で這い上がって頑張る姿に心惹かれたからだった。だが、昨年再ブレイクを果たしたNEWSは今春以降停滞しているように見える。最も気がかりなのは、近年恒例化していた夏の新曲リリースがなかったことだ。もしや、今年前半のメンバーの問題でリリースが延期になったのだろうか。

しかも、ここにきて「NHK紅白歌合戦」に、NEWSを差し置いて後輩のHey! Say! JUMPが初出場するかもしれないとの観測が出てきた。CD売上だけ見れば、確かにHey! Say! JUMPのほうがかなり多い。

だが、NEWSは月1回とはいえNHK BSプレミアムの「ザ少年倶楽部プレミアム」で音楽中心にレギュラーを務めていてNHKの音楽部門に貢献しているうえ、手越祐也と増田貴久のテゴマスという、歌唱力のあるボーカリストがいる。もっとNEWSが評価されても良さそうなものだと思う。

手越祐也の歌唱力はジャニーズでもトップクラスだ。元々9人組だったNEWSがデビューするに当たり、手越は歌唱力要員として採用された。手越だけはジャニー社長の目の前で歌う機会が設けられて、NEWS加入が決まったのだ。また、増田貴久も手越と同じくらいの歌唱力がある。

NEWSの代表曲は応援ソング

では、NEWSの代表曲は何かというと、筆者個人的にはまず、応援ソングとしてファンに知られている「フルスイング」(2012年)と「希望~Yell~」(2004年)を挙げたい。いずれも、ファンの間で人気がとても高い曲だ。

「フルスイング」は、9人で始まったNEWSがとうとう4人まで減って解散の崖っぷちに立たされた現メンバーが、再出発した時のいわば第2のデビューの際のシングルの「チャンカパーナ」の通常盤収録のカップリング曲だ。この曲は、新たなスタートを切った時の4人の心境と重なる歌詞が泣ける。このため、再出発の際の秩父宮ラグビー場でのライブで、4人のメンバーたちがこの曲を歌いながら号泣したことでも有名だ。

「希望~Yell~」は、正確には2枚目のシングルだが、デビューシングル「NEWSニッポン」はインディーズだったため、メジャーデビュー曲は「希望~Yell~」という位置付けだ。当時早くもメンバーが1人脱退して8人になっていた。ただ、残念なことに、現在のメンバーである4人のソロ歌唱の歌割りがほとんどない。

つまり、シングルやベストアルバム「NEWS BEST」(2012年)で「希望~Yell~」を聴くと、いなくなったメンバーらのソロが目立つ。これは、現在の4人のNEWSのファンにとっては、やや物足りない。今の4人がこの曲を歌うのを聴きたければ、4人になって以降のライブ映像でこの曲が歌われているのを聴くことになる。

なお、応援ソングと言えば、2017年3月発売のアルバム「NEVERLAND」収録のGReeeeN提供の「U R not alone」も、新たな名曲応援ソングだ。この曲はバックコーラスの大合唱と一緒に歌うと大いに盛り上がるから、既にNEWSの今春のライブでは、ファンと一緒に終盤に歌うようになっていた。

また、「チャンカパーナ」は、キャッチ―でアゲ調子の曲だが、4人体制になった第2のデビュー曲として、やはりファン人気が高いし、NEWSの歴史を語るうえで外せない曲だ。イントロ部分にちょっとエキゾチックな民族楽器風の音色が入っているが、歌詞は情熱的な攻めのラブソングで、歌詞だけよく読むとちょっと恥ずかしいかもしれない。

4人での再出発のシングルを出す際に、この曲と「フルスイング」のどちらをA面にするか迷ったそうだ。「フルスイング」がNEWSの4人とファンの心境に刺さる曲だけに、そちらがA面でも良かった。だが、「チャンカパーナ」はいかにもA面的なキャッチ―さと勢いがあるから、A面にふさわしい曲だ。途中のセリフがファンサービスになることもあり、結果的にこちらを前面に出して正解だったと思われる。


*シングル「チャンカパーナ」は4人での再出発の時のシングル。通常盤に「フルスイング」を収録。

Amazon: チャンカパーナ 通常盤 フルスイング収録 (NEWS) 2012/7/18
セブンネット: チャンカパーナ 通常盤 フルスイング収録 (NEWS) 2012/7/18
タワレコ: チャンカパーナ 通常盤 フルスイング収録 (NEWS) 2012/7/18
楽天アットマークジュエリー: チャンカパーナ 通常盤 フルスイング収録 (NEWS) 2012/7/18
Yahoo!ショッピング: チャンカパーナ 通常盤ラインナップ フルスイング収録 (NEWS) 2012/7/18

*ベストアルバム「NEWS BEST」はデビューから4人体制になる前の主要曲を収録。

Amazon: NEWS BEST 通常盤 (NEWS) 2012/6/13
セブンネット: NEWS BEST 通常盤 (NEWS) 2012/6/13
タワレコ: NEWS BEST 通常盤 (NEWS) 2012/6/13
楽天ブックス: NEWS BEST 通常盤 (NEWS) 2012/6/13
Yahoo!ショッピング: NEWS BEST 通常盤 ラインナップ (NEWS) 2012/6/13

*NEWSの2017年3月発売のアルバム「NEVERLAND」通常盤にはGReeeeN提供の人気曲「U R not alone」、バラード「恋を知らない君へ」、メンバーソロ曲(増田貴久による山下達郎「FOREVER MINE」を含む)などを収録。

Amazon: NEVERLAND 通常盤 (NEWS) 2017/3/22
楽天ブックス: NEVERLAND 通常盤 (NEWS) 2017/3/22
セブンネット: NEVERLAND 通常盤 (NEWS) 2017/3/22
タワレコ: NEVERLAND 通常盤 (NEWS) 2017/3/22
Yahoo!ショッピング: NEVERLAND 通常盤 (NEWS) 2017/3/22
Neowing: NEVERLAND 通常盤 (NEWS) 2017/3/22

関連記事

  1. NEWS

    NEWSのバラードおすすめ曲: 最近の名曲なら『恋を知らない君へ』

    NEWSの代表曲と言えば、これまでのところ、「フルスイング」「希望~Y…

  2. NEWS

    NEWS新曲「KINGDOM」はサッカー応援歌、過去のサッカーソングを振り返る

    11月13日に、NEWSの手越祐也が2017年12月6日開幕の「FIF…

  3. NEWS

    NEWS「EPCOTIA」感想:画期的映像作品と個性的な曲が素晴らしい

    NEWSの2018年3月21日発売のアルバム「EPCOTIA」がフラゲ…

  4. NEWS

    「NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND」-テゴマス歌唱力と楽しいMCが魅力

    NEWSの2018年1月24日発売の「NEWS LIVE TOUR 2…

  5. NEWS

    NEWS「BLUE」はパワフルで疾走感溢れるサッカー日本代表応援歌

    NEWSの2018年6月27日発売のシングル「BLUE」がフラゲ日に届…





Amazon: DVD/Blu-ray(テレビドラマ)はこちら

Amazon: DVD/Blu-ray(日本映画)はこちら



スポンサードリンク





*ネット配信番組・映画をテレビの大画面で!

Amazon: Fire TV Stick (New モデル)はHulu、Netflix、AbemaTV、Amazonビデオ、YouTube.com、dTV等に対応。(注意:高速Wi-Fi接続環境とHDMI端子付きテレビが必要です。HDMI端子がHDレコーダー等に接続中ならHDMI分配器も必要です)


Amazon: 映画 クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブック (稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾) 2018/3/20
セブンネット: 映画 クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブック (稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾) 2018/3/20
楽天ブックス: 映画 クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブック (稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾) 2018/3/20


Amazon: KISS is my life. デジタルミュージック配信 (SingTuyo) 2018/4/30
レコチョク: KISS is my life. (SingTuyo) 2018/4/30


Amazon: クソ野郎と美しき世界 THE BASTARD AND THE BEAUTIFUL WORLD -Original Soundtrack- デジタルミュージック配信(MP3音源購入)/Amazon Music Unlimitedストリーミング配信 2018/4/5

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

過去記事アーカイブ

スポンサードリンク



  1. 堂本剛

    堂本剛おすすめバラード曲リストは容易に作れたがアッパー曲リストは難航
  2. 堂本剛

    堂本剛の絶滅危惧種の名曲、入手困難な初回盤のみ収録のおすすめ曲リスト
  3. NEWS

    NEWSの代表曲は応援ソング、際立つテゴマスの歌唱力
  4. KinKi Kids

    KinKi Kids東京ドーム公演2017年12月16日、感動をありがとう
  5. KinKi Kids

    KinKi Kids「ドリフェス」出演決定、セットリストは王道と新曲か
PAGE TOP